手芸用品を買おうにも買えなかったです

今日は、久しぶりに100円ショップに行ってきました。

家族の代わりに、お菓子を買いに行ったのです。

お菓子を買うついでに、手芸用品コーナーも見に行ってきました。

待ち針、ボタン、糸をはじめ、様々なものが揃っていました。

つい手に取ってみたくなるのをこらえて、買い物を済ませました。

一つ一つ手に取って見ていると、時間がかかって、駐車場で待っている家族を怒らせてしまいかねません。

今日はやむなくざっくり見ただけですけど、100円ショップの手芸用品コーナーはとても面白かったです。

確か、100円ショップには、はぎれコーナーとか、フェルトとか、面白さがつまっています。

100円ショップが入っているスーパーには、テナントとして、手芸屋さんが入っていないのもなんとなくわかるような気がします。

今度こそ、時間があれば、再び100円ショップに行って、面白いもの、便利なものを買いたいと思います。

もし、生活範囲で100円ショップがあれば、どうぞチェックしてみてください。意外な面白さがあります。

そして、可愛くて楽しいグッズを作ってみたいと考えているところです。www.hesioncq.com

天気予報のアナウンスが気になります

最近の、天気予報は「晴れる時間が多いでしょう」とか「雨が降るかもしれません」と

天気予報になっていない気がしています。

内容を聞いていると、私達でも話す事が出来るような内容で、正直、昔の方が良かった

と思います。

今までは、降水確率で傘を持っていくか、折り畳みの傘で済むのかを判断していました。

実際に降水確率を言葉で話してくてたので、予報が当たていなくても、そんなに気に

ならなかったのですし、テレビえを見ていなくても、アナウンスだけで判断できました。

どういう意味で、今のような天気予報になったのかよくわかりません。

改善で決まった事であるなら、良くなっていくべきだと思います。

天気は、私達の1日に大きくかかわります。

外で、作業される方は本当に雨で左右されます。

学生なら、通学の時に判断が必要ですし、飲食や小売りは雨だとお客さんがへります。

天気予報は、人々にとって当たり前のもので、今のような形にされてしまうと、

結局、天気図を見て、自分で判断しないといけません。

私は、前の天気用予報の戻した方が良いと思います。www.readtfb.net

新しい生活がはじまりました

旦那実家の家業を継ぐため、乳飲み子を抱えて家族3人で移住しました。

環境の変化にストレスは溜まる一方。

義両親とはいわゆる敷地内別居。しかし私たちの住まいはリフォームの工事が長引きまくりで現在ほぼ同居状態。片付ける場所がないので荷解きさえできないのです。

今までとりあえず赤ちゃんを中心に生活してきたから、そのリズムをなるべく変えたくないのだけれど難しいね。家ができてないのに環境整えるとかそれどころじゃない。

こんなに長引くなら、もっとゆっくり引越して来ればよかったなぁ。

都会育ちのわたしは田舎の生活に戸惑いもあります。

まず車の運転が必須の生活。わたし、ペーパードライバーなのです。乗れないとどこにも行けないなんて…。

恐ろしい籠の鳥状態!

絶賛練習中です。

でもね、義両親は優しくて、本当によくしてくれるし、小姑も全く干渉しないし、そういった意味ではちっとも辛くないのです。

環境が整ってリズムができたら随分楽になるのではと。

まぁ、今度は家業の引き継ぎが始まるので、違う大変さが待っている訳だけれども。

旦那を信じると自分で決めた道だからね、やるだけやろうと思います。臭いで悩んでいる方はコチラへ

全否定しているのはどちらなんでしょう?

 先日、お客さんにビックリする対応を取られまして……。

 接客業なんですが、よくお客さんに飲み物(アルコール含む)や食べ物をおごってもらうこともあるんです。

 でも私はカフェインアレルギーなので、コーヒー・紅茶類は飲めなくて、出されてもお断りしなければいけないんですよね。

 その時も、コンビニのカフェラテか何かをもらったのですが、アレルギーの事をお伝えして、丁重にお断りしました。

 その断った瞬間は「へー、そうなんだ」ぐらいで解って頂けた……と私は思い、20〜30分は楽しくお話も弾んだと思ったんですが。

 急にお客さんの態度が冷めてきて「やっぱ君、ありえないわ」なんて言われて。

 何か失言したかな!?と思ったら、そのアレルギーの話をずっと引きずっていたようで。

「全否定されているみたいで嫌だ」からの「これだから〜」という私の人格否定に発展して……。

「帰れ!」「2度と(店に)来るな!」と言われましたが、そうなると、それはこっち(店側)の台詞な訳で。

 そのお客さんも出禁になりましたが、私も形だけは怒られてしまいました。http://www.formacioncc.com